今からsteamウィッシュリストに入れておきたい2024年発売予定の注目ADV、ビジュアルノベル 7本

ゲーム紹介
この記事は約5分で読めます。

2024年だって、負けてはいない―。

2024年のゲーム業界に、注目作品はどれだけあるんだろうか。2023年のゲーム業界が豊作であったことは、同意するしないはあれどゲームファンの共通認識となりました。では、2024年の注目作はどの程度あるのでしょうか。これを個人的に調べてみたいと感じました。

そこでSteamにて、当ブログが主に扱っているADV、ビジュアルノベルを中心に検索してみた結果、2023年に負けないほどユニークなタイトルがそろっていることが分かりました。今回は2024年配信が予定されているタイトルを7本ピックアップ。簡単な紹介と共にまとめてみました。

なお、これらのタイトルはあくまでも『2024年配信予定』であることを強調しておきます。ここで紹介したゲームが2024年に配信されない可能性も大いにあるでしょう。個人的な経験に基づいてですが、配信専用の小規模開発タイトルは、発売スケジュールの変更が少なくないと考えています。

新宿葬命

2024年2月、配信予定。

死者の声を聴く力と、不死身の能力。2つの力を使い、歌舞伎町に隣接するスラム「新宿九龍」で葬儀屋を営む男の物語を描くビジュアルノベルです。内容はオーソドックスなノベル形式である本作のシナリオを務めるのは、同人ノベル界で有名な『ナルキッソス』など手掛けた片岡とも。ビジュアルはすめらぎ琥珀。ハードボイルド寄りなシナリオを窺わせる本作は配信専用ながらも3,990円(公式サイト情報)とやや高めですが、それに見合ったクオリティを期待できる座組と言えるでしょうか。

EDEN.schemata();

2024年配信予定。

ゲームの進行とともにUIが変化し、ゲームの前提が変化していくSFミステリーADV。記憶を失った主人公は事件の最有力容疑者である「イヴ」と共に真相を解き明かしていきます。開発者が「ADVの常識破り」とまで言う本作は、動画を見る限りは基本はオーソドックスなポイント&クリック推理ADVのようですが、これが変化していくということでしょうか。フルアニメーションで動くビジュアルも特徴。

DRINKRIME

2024年2月、早期アクセス開始予定。

人外キャラの犯罪を尋問で自白させる推理アドベンチャー。物語の主人公は飲むと自白してしまう謎の酒瓶「ジン」と「あなた」。現在はアーリーアクセス版の配信が予定されています。ゲームシステムは『逆転裁判』の系譜であることを思わせる内容で、コンパクトな画面レイアウトながらも証言から証拠を探す遊びは一定程度盛り込んである印象。ゲームボーイ風のビジュアルとサウンドによるノスタルジーも含めた魅力を予感させます。ブラウザ上でプレイできる10分程度の体験版も公開中。

ブラウザで遊べる体験版↓

DRINKRIME(2023/11 体験版) | フリーゲーム投稿サイト unityroom

Hookah Haze

2024年配信予定。

秋葉原にある架空のシーシャ屋を舞台にしたADV。シーシャとは葉タバコの煙を水でろ過して吸う、水タバコとも呼ばれる文化。シーシャ屋で働く主人公が、店に訪れる3人の少女と交流していく内容になっているようです。シーシャのフレーバーはプレイヤーが自由に組み合わせることが可能であるなどの遊びもあり。『VA-11 Hall-A』を彷彿とさせる土台に美少女キャラとのコミュニケーションを組み込んだ内容と言えるでしょうか。

青十字病院 東京都支部 怪異解剖部署

2024年配信予定。

怪異を解剖することでその脅威に立ち向かうホラーアドベンチャー。登場する怪異は口裂け女や人面犬など、都市伝説上の存在たち。それらと戦う「怪異解剖部署」の面々の活躍が描かれます。同じく都市伝説をテーマにしたADVの代表作『流行り神』シリーズともコラボをするなど、小規模開発ながらも大きなPRで話題を呼んだ本作。怪異と戦うADVは少なくありませんが、解剖という切り口は新鮮で、存在感を示す一本になってくれそうな予感。

アニマロイドガール

2024年配信予定。

マルチエンディングのケモノ化少女育成ADV。普通の人間だった人が、次第にケモノのような見た目へと変化していくアニマ化現象。プレイヤーはアニマ化した少女の家族として、またアニマ化現象の研究者として、彼女の成長を見守っていきます。ポイントは育成の遊びが取り入れられていることで、プレイヤーは少女がどのように成長するかを導いていくことができるようです。成長のパターンやその結果としてのマルチエンドにどれほど幅があるかは不明ですが、キャッチーな少女のビジュアルも相まって注目を集めそうな一本。

SAEKO: Giantess Dating Sim

2024年配信予定。

不思議な能力を持つ少女、冴子。彼女に親指ほどの大きさまで縮められてしまった主人公。冴子の机の引き出しの中で、同じく縮められてしまった他の人間たちと生活するADVです。同じ引き出しの中の人間にはパラメータが設定されており、これが一定以上になると死んでしまう他、主人公自身も冴子とのやり取り次第で簡単に殺されてしまうようです。正直シナリオがどのような方向へ転ぶのか全く予想がつきませんが、それもあってか小規模開発ADVの中でも際立っている印象。ちなみに、この奇抜な作品世界には原作となっている小説があるようです。

終わりに

以上7本を紹介しました。皆さんの新しいADVとの出会いの一助になれば幸いです。2024年も良い作品と巡り合えますように。

プロフィール
書いている人

日々プレイしたゲームの、忖度のないレビュー。オタクしていて思ったことを書いています。ADV、音ゲーが特に好き。

dis-no1をフォローする
ゲーム紹介
dis-no1をフォローする
日々オタ的アウトプット

コメント

タイトルとURLをコピーしました