ゲーマーのための2021年7月発売マイナー新作ゲーム紹介(スサノオ ~日本神話RPG~など4本紹介)

ゲーム紹介
この記事は約5分で読めます。

先日のE3で、購入予定タイトルが大幅に増えたゲーマーも多いであろう今日この頃。
目前に迫った7月も「スカイウォードソードHD」や「モンスターハンターストーリーズ2」など、注目作だらけです。
しかしゲーマーであればこそ、その後ろにあるマイナータイトルにも興味を持ってしまうもの。

今回もそんなマニアックなタイトルを求めるゲーマー向けな、マイナーな新作を5本紹介します。

風雨来記4 / Switch、PS4

風雨来記(ふうらいき)4は、「旅」をテーマにしたADVです。
4と名の付く通り、シリーズ化された作品であり、初代はPS1、舞台は北海道でした。
前作は2015年にVitaで発売、今回は約5年ぶりの新作となります。

プレイヤーはルポライターとなり、その土地を旅しながら魅力を記事にして発信していきます。

シリーズ通して、日本国内の実在の土地を舞台にしていることが最大の特徴。
4にて旅することになるのは、岐阜。
ゲーム内では実写画像が多数使われています。

大きく進化したのは、バイクでの移動シーンに実写動画を使用している点。
360度カメラを使って撮影されており、自由に視点を動かせるようです。
本当に岐阜の道を走っているかのような感覚が、味わえそうですね。

また、本シリーズのもう一つの柱は、旅先での「出会い」
旅の途中で出会う、魅力的な女性キャラ。あなたの行動次第では恋に落ちることも…
ギャルゲーのような遊びも併せ持ったシリーズです。

なかなかにシブいテーマのシリーズですが、やはり根強い人気があるようですね。

タイトル風雨来記4
ジャンル旅アドベンチャー
対応機種Switch、PS4
発売日2021年7月8日
価格パッケージ版/ダウンロード版
6,980円(税込7,678円)

モンスターを倒して強い剣や鎧を手にしなさい。死んでも諦めずに強くなりなさい。勇者隊が魔王を倒すその日を信じています。/ Switch

ラノベのタイトルみたいな作品。略称は「モン勇」だそうです(公式)

ネタにしか見えない作品ですが、「黄泉ヲ裂ク華」や「剣の街の異邦人」などで有名なエクスペリエンスの新作ダンジョンRPGです。
内容はオーソドックスなD・RPG。職種を選択しパーティを構築、ダンジョン攻略、ボスの撃破を目指します。

本作はジャンル名を「腕試し・ダンジョンRPG」としており、その名の通りプレイヤーのダンジョン攻略テクニックを試される作品となっているようです。

その最大の特徴は、各階層をクリアするとその内容に応じてランク付けがされること。
より低いレベルで、短いターンで、なるべく全滅せずに攻略することで、高いランクがつけられます。
高ランクでクリアすると、次の階層で手に入る武具の性能がアップ。
冒険を有利に進めることができるようになります。

現在体験版が配信中…ですが、これの評判は芳しくないようです。
公式サイトで感想を募集しているくらいなので、調整する気は満々だと思うのですが。

ちなみに私は既に入金済みなので、評判に関係なく購入します…(笑)

タイトルモンスターを倒して強い剣や鎧を手にしなさい。
死んでも諦めずに強くなりなさい。
勇者隊が魔王を倒すその日を信じています。
(略称:モン勇)
ジャンル腕試し・ダンジョンRPG
対応機種Switch
発売日2021年7月15日(木)
価格パッケージ  5,436円(税込 5,980円)
ダウンロード 4,982円(税込 5,480円) 

戦国†恋姫~乙女絢爛☆戦国絵巻~ / PS4、Switch

戦国時代を舞台にしたギャルゲーがCSに移植。

「恋姫無双」で有名なBaseSonの作品です
元は2013年に発売されたゲームなので、長い年月を経てのCSへの登場。

主人公である少年がとある刀を手にした瞬間、戦国時代へとタイムスリップしてしまうところから物語はスタート
織田信長を名乗る少女と共に、戦国乱世の時代を戦います。

PC版は完全版を前提にしたような売り方をした点があり、評価のバラつきが大きいようです。
また選択肢無しで、しかもプレイ時間はかなり長いゲーム…と、好きな人の間でもプレイヤーを選ぶ内容。

しかしエンターグラムは、本当に色々な作品を移植してくれますね
現代CSギャルゲーを支えるメーカーとなっているように思います。

タイトル戦国†恋姫~乙女絢爛☆戦国絵巻~
ジャンル妄想爆裂煩悩灼熱歴史AVG
対応機種PS4 / Switch
発売日2021年7月21日
価格豪華絢爛出陣セット:11,649円(税抜価格10,590円)
通常版:8,349円(税抜価格7,590円)

スサノオ ~日本神話RPG~ / Switch

日本神話を舞台にしたRPGがSwitchに登場

内容はPVを見る限りでは、ローグライクやD・RPGのようなマス目で構成されたマップ探索&コマンドRPGでしょうか。
ややチープな印象を受けることは否めません。

2018年に立ち上げられたばかりのブランド「ハチクマソフト」の第一作となる本作。
正に挑戦の一作と言えそうです。

ハチクマソフトの公式サイトがあまりに簡素で、何やら不穏な空気も感じますが…良い作品になっていることを願います…入金済みなので。

タイトルスサノオ ~日本神話RPG~
ジャンル日本神話RPG
対応機種Switch
発売日2021年7月22日
価格通常版 5,478円(税込)
特別版 8,778円(税込)

終わりに

以上、4本の新作を紹介しました。

実に多様なゲームが集まっているのは、やはりゲーム業界の盛り上がりがあってのことでしょう。
NDSやWiiの全盛期、玉石混交の時代が好きだったので、嬉しく思います。

7月はメジャーどころも充実しており、6月同様に悩ましい一ヵ月になりそうですね。

タイトルとURLをコピーしました