ブログ記事数50到達記念 PV数、今後の展望など、現在のブログ状況を語る

雑記
この記事は約7分で読めます。

昨日公開した記事↓で、当ブログの記事数が50になりました。

1月から開設し、書き続けること4ヵ月
50くらいでは、まだまだ多いとは言えません。

ですが切りの良い数字なので、今回はこのブログの運営状況
そして今後について考えることを語っていきます。

PV数は?

1日あたり1~10程度です

PV…ページビューの略称。ページを開くたびにカウントされます。
例えば、同じブログ内でも、あるゲームのレビュー→リンクから他のゲームのレビュー…と、一人が2つのページを開けば2とカウントされます。

更新していない日は1~3くらい。
旬の話題を書いた時は、10以上になることも。

さて、この数字は多いか少ないかですが…

メチャクチャ少ないです



どっかで見た格付けによると、月間3000PV以下はビギナーとのこと。
このブログは3000どころか100もあやしいレベルなので、かなり少ないですね。

と言っても、実はこれでも増えています。
最初の一ヵ月は0~2くらいでしたから。

正直に言えば、今はこの数字はあまり気にしていません。
このブログは例えてみれば、ヨドバシカメラの裏にオープンした個人電気店のようなモノだからです。

現在のゲームブログ界隈は、信頼も実績もある大手ブロガーさんがたくさんいます。
そんな中突然オープンしたこの謎のブログ、お客さんが集まらないのは仕方がありません。

今は書き続けることで信頼を得て、「あの店も悪くない」と思ってもらうことが大切。
下手に数字狙いの薄っぺらい記事を書いてしまうと、かえってマイナスになるとも考えています。



単純接触の原理…という言葉があります

話したことすらない人でも、接触の回数が増えるほど、その人に対する関心や好感度が高まる…という心理学用語です。
例えば全然知らないんだけど、毎朝同じバスで一緒になる人…なんか自然と好感が持ててたりしますよね。

これはブログでも同じことが言えます。
無名で、誰が書いているかもわからないブログでも、ちょくちょく見かけているうちに、自然と信頼してしまっている。
今はこの単純接触の原理を狙って、しつこく書いていきます。


現在、このブログの記事を読んでくださっている方…ありがとうございます。
当ブログ、私にとって大切なご贔屓さまです。


…あ、ちなみに収入もゼロ円です。

人気記事は?

・こちらです↓

現在の一番の人気記事は、先日公開した廃深のレビューです。
スマホからでも確認できますが、PV数は100を超えており、ずば抜けています。

第二位は意外かもしれません。
こちらのレビュー記事です↓

映夢…というドマイナーゲームのレビュー。
累計PVは100に迫っており、モンハンとかの10倍くらい読まれています。

この二つが、当ブログなりのヒット記事と言えます。

まだGoogle先生から信頼されておらず、検索しても出てこないページばかりのこのブログ
特に廃深のレビューは、「廃深 レビュー」とかで検索しても、このページはヒットしません。
それなのに、いったいなぜ100人以上の方に読んでもらえたのでしょうか?

キーワードは旬・先行者利益・Twitter…この3つであると考えています。

これらヒットの要因については、また別の記事でまとめる予定。
小規模なりに書き続けたことで、見えてきたものについて語ります。

書きました↓

ネタ切れとか起こさない?

・いつ起こすかとヒヤヒヤしています

ブログを始める上で誰もが心配するであろう、記事のネタ。

「ブログなんてやっても書くことないよ…」

これが一番のハードルかもしれませんね。

私自身この4か月、ネタ切れを心配しなかった日はない…と言っていいほどです。
そんなに面白い人生を送っているわけではありません。
仕事は現場系で、いつも同じ電車で同じ場所に行き、そこから出ることはありません。
日本中を飛び回る的な、もっとバラエティに富んだ生活だったらよかったんですけどね。



しかし、このネタ切れが心配…という状況は、結果的にプラスになっていると思っています。

言わずもがな、このブログのメインネタはゲーム、アニメなど二次オタ系です
日々遊ぶ、見るなどしている作品がネタにつながります
むしろ、ネタにつなげないと書くことがなくなってしまいます。

ゲームのレビューを書くなら、面白かった!つまらなかった!だけではいけません。
なぜ面白いんだろう? この作品のいいところはどこなんだろう?と、考えながら遊ぶことになります。

アニメも同様で、この作品はこんなところがいい!だとか、この回…印象に残った!などと、ブログに書けそうなことを考えながら見ています。

ネタにつなげようとすることで、見る、遊ぶに、「考える」がプラスされます。
その結果、作品をより深く楽しめるようになりました。


時間は有限で、触れられる作品には限りがあります。
だからこそ、これと選んだ作品を精一杯吸収しようとします。
もしネタが潤沢にあれば、まぁ感想とか書かなくてもいいか…で済ませてしまうことも増えてしまうでしょう。

ネタ切れは心配です。
しかし心配だからこそ、日々出会う作品、そこから生まれるネタに敏感になれる。
ブロガーというのは、ちょっとネタ切れ気味くらいが、ちょうどいいのかもしれません。

今後の展望、目標は?

色々と考えています。

やりたいこと1…他のブロガーさんの記事を読む

年賀状が来ない人は、そもそも誰にも出していない…というのはよくある話。

返報性の法則…という、これまた心理学の用語があります。
人間は、受けた好意などに対し、お返ししたいと感じる生き物なんだそうです。


年賀状を貰うと、年賀状を返したくなる。
よくリツイートやいいねしてくれる人のツイートは、自分もリツイートやいいねをしたくなる。
全然意識していなかった相手から突然告白されて、気になるようになってしまった…なんてのも、この法則が働いているようです
いつも親切な人には、こちらも親切にしたくなりますよね。



ブログ記事も同じで、自分のブログを読んでくれる人のブログは、こちらも読みたくなる…と考えています。
なので、まず私の方から他のブログの記事を読み、それに反応しようと思っています。


そしてこのブログも読んでもらう。なかなか打算的ですね。
しかしこの打算のいいところは、誰も損をしないことです。

もちろん、やたらめったら反応しまくるわけではありません。

・この記事はためになった!
・知らないゲームだけど興味を持った!

こんなブログを見かけたら、積極的にコメントやツイッターでの拡散をしていこうと思っています。

やりたいこと2…本の感想のカテゴリ化

読書家…ではありませんが、本が好きです。
一日に一時間くらいは、本を読む時間を作っています。

せっかくなので、これらもブログ記事のネタにしていくつもりです。
とは言え、現在メインのゲーム・アニメとは異なるジャンル
ですので、3~5冊くらいをまとめて感想記事にする予定です。

目標…書き続けること

最後に、今後のブログの目標ですが…

特にありません(おい)

PV数も儲けもフォロワーさんもいいねもRTも、○○以上!みたいな、明確な数値目標は考えていません。

しいて言うなら、書き続けること。そしてより読みやすく、面白い記事を目指す…これくらいです。

ギネス記録にもなったプロゲーマー、ウメハラ氏は、自身の著書でこう語っています。

○○の大会で優勝したいとか、誰々を倒したい、何連勝したい、といった、時間的にいえば「点」的な目標を持っていないし、そうしたものに向けて力を出す、ということもしていない。
どうしても目標という言葉を使うのなら、「毎日、来る日も来る日も、自分を成長させるリズムを維持すること」が該当する。それが一番大切なことだからだ。

「勝負論 ウメハラの流儀」 梅原大吾 小学館新書 より


はっきりとした、わかりやすい目標を掲げれば、それを達成するまでは頑張れるでしょう。

見事達成できれば、嬉しい。私はやったんだと思えます。そして、そのまま燃え尽きて更に先を目指すことができなくなる。
達成できなければ、ダメだった、これ以上続けても意味ないかも…と、必要以上にダメージを受けてしまいます。


これは、本来目指すべきものを見失っている状態です。



私が目指す者は「良いものを書くこと」であり、PV数を一年でいくつにするとか、○○万円儲けるとか、フォロワー1万人とかではありません。
数字は、良いものを目指す過程でついてくる
あまり意識しすぎてもいいことはありません。

まず、書き続ける
これが一番の目標です。

終わりに

現在の状況について、書いてきました。

世の中には初めて一ヵ月! 現在のPV数は1000!!みたいなブログもあるようです
あれは魔法です。一ヵ月では10が関の山ってもんです。

なかなか書けず苦しむ日もあります
しかし完璧主義を捨て、今はとにかく書き続けることを目指します。


末永く、よろしくお願いします。

Amazon.co.jp
タイトルとURLをコピーしました