【総額3万6千円】初めてのゲーミングデスク、チェア、チェアマットを買ってみた

雑記
この記事は約3分で読めます。

先日、かなり大胆な断捨離&部屋の模様替えをしました。
部屋に大きな空きスペースを作ることができたので、ついに…

ゲーミングデスク、チェア、チェアマットの3点を、初めて購入しました

かかったお金は全部で3万6千円。
意外と安く済んで安心しています。

今回はそれぞれの使い心地、そして気になる点などをレビューしていきます。

初めてのゲーミングデスク

購入したものはこちら

Amazon.co.jp

かなり迷ったのですが、サイズと値段を考慮した結果これに。
1万5千円。

幅120cm×奥行60cm
iPadスタンドなどを置きたかったので、横幅には余裕を。
キーボードをゆったり置けるよう、奥行きも重視しました。
足元のスペースにも関わるので、大きめにして良かったと感じます。

モニターは24インチ。かなり余裕があります。


脚が金属製で強度もあり、文字をバシバシ打っても安心です。
天板後ろにはケーブルを通せるくぼみもあり。
壁にぴったりつけても、ケーブルを下に通せるようになっています。

こんな感じ。私は使ってませんが…


注意点もいくつか。

まずデカい段ボール、発泡スチロールで梱包されてくる…ということ。
仕方ないことですが、とにかく大きい。
ゴミの日に近いタイミングに届けてもらうと楽です。

組み立ては、デスクを置くスペースの2倍は欲しい。
そして強度があるぶん、重量もあり。
フローリングに直置きするなら、キズ防止にパッドでも敷いた方が安心です。

百均のイスカバーを敷いて使う…カッコ悪い


本製品最大の問題点は、付属品の組み立てが難しいこと。

デスクそのものの組み立ては、難しくありません。
ただ、付属パーツとして、電源タップなどを置けるスペースを取り付けられるんですが、これがとても難しい。
すごく入りづらい穴にネジを通す必要があり、いくらやっても上手くいかないので、私は諦めました。

デスクそのものに影響はしませんし、使い勝手もよくなさそうなので気にしていません
これをしっかり使いたい、という方は、L字型のドライバーなどを用意しておくと良いと思います。
手では到底入りません。

それ以外の工具は付属しています。

デスク自体の使い勝手は良好なんですが。

初めてのゲーミングチェア

購入したものはこちら

Amazon.co.jp


サイズ等のこだわりはなかったので、評価の良いものを。
1万8千円。
組み立ては難しくなく、初めてのチェアとしては十分な性能です
工具も付属しています。軍手もついてくる。



リクライニングやひじ掛けの高さ調節など、基本的な機能はそろっています。
完全に平行になるまで背を倒すと、さすがに少し不安定ですが。
座り心地も十分。

注意点は…やっぱりデカい段ボール。
デスクと一緒に買うとなると、かなりの大きさの段ボールを処分することになります。

初めてのチェアマット

購入したものはこちら

Amazon.co.jp


チェアもデスクもフローリングに直置きするので、あった方がいいかなと思って購入。
3000円。
大きさは十分で、裏面には滑り止め加工あり。
普通に使う分にはまずズレません
掃除機もそのままかけられるのは便利です。

裏面は滑り止め加工。本当にズレません。

一応お洗濯もできるようです…なかなかしないとは思いますが。


以上、初めてのゲーミングデスク、チェア、チェアマットでした。
いつかは部屋にこんなものを置きたいと思っていたので、大変満足しています。
ブログの執筆も捗るってもんですよ。

一番の問題は、肝心のPCがゲーミングでも何でもない…ってこと
お世辞にもスペックが高いとは言えないので、これも夏のボーナスで買い替え予定。

やはり部屋に専用のデスクがあるのは快適です
お部屋のスペースと相談しながら、購入してみてはどうでしょうか。

Amazon.co.jp


タイトルとURLをコピーしました