【今年の抱負】2021年はオタク的個性を取り戻す

雑記
この記事は約4分で読めます。

年が明けて既に数週間
今更ですが今年の抱負を発表します。

資格を取るとか転職するとか彼女を作るとか、そういうもんじゃありません。

私の今年の抱負は

オタクとしての個性を取り戻す

これです。

定番を押さえることを意識しすぎた2020年

去年一年間、私は「定番の作品」に触れることを意識していました。

アニメで言えば、「鬼滅の刃」はもちろんのこと、なろう系のことを知ろうと「転スラ」「ぼうふり」
きらら系のことを知ろうと「恋する小惑星」「まちカドまぞく」

ゲームでは「FF7R」「ラストオブアス2」「ゴーストオブツシマ」などです

どれも評価の高い作品で、自分も見た、プレイしたという方は多いでしょう

こうした多くのオタクが触れている定番の作品を多めに触り、世間の流行りについていこうとしていました

何故かと言えば

「定番を押さえていないとオタク失格」という価値観が、自分の中で大きくなっていたからです

定番を押さえずして語ることはできない、と思ってしまった

オタクというのはその道の専門家のようなもの
その分野に関しては誰にも負けないくらいの知識を持っている存在
だからこそ、自分の好きな分野の「定番」は押さえているのが当たり前
というかそこを押さえずして何を語れるというのか

「オタクを公言するものとして、このアニメは見ておかないと…」
「このゲームをプレイせずに、ゲーム好きを名乗ることはできないな…」

こんな考えから、とにかくまずは定番を押さえていったのです。
しかし、その結果出来上がったのは

個性も突き抜けたものも無い、よくいるアニメ、ゲーム好き

だったんです

定番を意識しすぎて、個性を失った

誤解のないように言っておきますが、なにも定番や流行りものを否定しているわけではありません
上記の作品も、どれも流行るのが納得できる素晴らしい内容だと感じました
今後も気になる定番には積極的に触れていきます

しかし、それと同時に、定番や流行りものばかりに触れていると、個性を失ってしまうということにも気づいたんです。

当たり前ですが、流行りや定番は触れている人が多い。
「鬼滅の刃」は言わずもがな、「まちカドまぞく」や「ゴーストオブツシマ」はTwitterでも大きく話題になりました。

触れている人が多いということは、その作品を好きな人も多いということです。
みんなが好きな作品を同じように好きだというのは、決して悪いことではありません。
しかしそこには個性がない。
その人ならではが感じられない。
みんなと同じことをやっても、みんなと同じようにしかなれないんですね。

気が付けば私は、「定番」を意識するあまり、みんなが好きなものを同じように好きなだけの存在になってしまっていたんです

カッコいいオタクになりたい

私が見ていてカッコいいなと思うオタクは、みな突き抜けた個性を持っています。
自分の好きな分野に特化しており、深い知識を持っている

そしてそういう人の話は得てして面白い
あまりにも突き抜け過ぎていてだれも知らない領域に達しているので、とにかく話が深いし視点も面白いんですね

私もかつては、どちらかというと流行りや定番を無視して、自分の好きな物だけを追い続けるタイプのオタクでした(話が深くて視点が面白いかどうかはともかく)

しかし、より深い知識をつけるためにまずは定番から…と行動した結果、自分の本当に好きなものを見失ってしまった。
みんなが好きなものを同じよう好きなだけの、どこにでもいる二次元好きになってしまったんです。


別にそれが悪いわけではありません。

でも私は、もっともっと深いところへ行きたいんです。
周りの人たちが徐々にアニメやゲームへの興味を失っていく中、私は未だに中高生の頃と変わらないくらいの情熱を持っています。
だからこそ、まだまだ詳しくなりたいし、だれも知らない領域へと足を踏み入れてみてみたいんです。

自分の好きなものをもっと好きになる2021年に

私はゲーム好きですが、マインクラフトを遊んだことがありません
APEXも遊んだことがありませんし、PUBGも未プレイです。

去年までの私なら、世界レベルで流行した作品を遊ばずして何がゲーム好きか!と思ったことでしょう

でも今はそうは思いません
世間の定番を押さえるよりも、自分が好きなものをどんどん追い続けた方がずっと深いものが見えてくるし、何より楽しいと気づいたからです

マインクラフトを遊んだことがないなんてゲーマーとは言えないのかもしれません
でも私が行きたい場所はそこじゃない

学生時代の私は、ギャルゲーが大好きでした
FF13の発売日に、鼻息を荒くして「あかね色に染まる坂」というギャルゲーのPSP版を買いに行きました。
「シークレットゲーム」というギャルゲーの予約を忘れてしまい、どうしても発売日に手に入れたかったので市内のゲーム屋全てを自転車で駆け回ったことがありました

そんなに好きだったギャルゲーも、去年はほとんど遊べませんでした
嫌いになったわけじゃありません
定番を押さえようとするあまり、自分が本当に好きなものを追いかける時間を失ってしまったんです

今年はもう、定番を追うのはやめにします
もちろん、自分から興味を持った場合は触れると思います
でも、これに触れないとオタク失格!みたいな理由で作品を追うことはしません

自分の好きなものをどこまでも追い続け、もっともっと好きになる
そうして得たものを、このブログで発信する
2021年はそういう一年にします

まだ始まったばかりのブログですが、どうぞよろしくお願いします

タイトルとURLをコピーしました